丸善/丸の内本店のドイツ語書籍コーナー


今回はドイツ人と一緒に丸善(丸の内本店)ドイツ語コーナーへ行きました。

丸善丸の内本店👈ホームページはこちらから

丸の内の丸善への行き方

JR東京駅の丸の内北口を出て

右手に進むと、すぐにMARUZENマークを発見!

ビルへ入って、すぐに丸善書店は見つかります。

4階へいくと洋書コーナーがあります。

ドイツ語書籍コーナー

書店の店員さんはドイツ語を読める方で、

色々案内してもらいました。

基本的になんでも答えられそうです。名刺もいただきました。心強いですね。

(撮影許可もいただきました。)

ここは2つの棚を使って、一般的なドイツ語本が置いてあります。

基本、ここにあるのは、学術的なものではなくて、いわゆる読み物です。

  2019年ノーベル文学賞ペーターハントケの本もあります。

※ 文芸評論は、ドイツ語のものはないようで、英語の棚に行ってください。

しかし、4階には哲学コーナーにもドイツ語書籍が置いてあります。

哲学の著書ごとに並んでいて、(カント、ハイデガー、ヘーゲル…最近の哲学者のものもあります。)

その哲学者の名前ごとに、英語版もドイツ語版もあります。

哲学専攻の方にはとても使いやすそうです。

ちなみに、日本語や文化についての英語書籍もありました。

一緒にきたドイツ人は漢字の本を買い、

私は、日本語文法をドイツ語で解説している本を買いました!(笑)

  3階の語学コーナーのドイツ語 本

 みた感じでは、すべて日本語で書かれた文法書ですね。  

Advertisement
>YouTube

YouTube

ドイツの暮らし