ユニクロの仕事術(ドイツ人と散歩シリーズ)

ドイツ人の彼は、前回の日本滞在時、

ユニクロで何点か服を買って行きました。 

それで、すっかりユニクロファンになり

なんどもユニクロを訪れて

何着も買って行きました。

また同じ緑の薄着も購入!

「良質で美しくてコストパフォーマンスが素晴らしい!」とのことです。

私も騙されたと思って、アンダーウエアと薄いセーターを購入。

すっかり私もユニクロファンになりました。

日本の日本文化アピールがちょっとずれている中・・・

しっかり西洋人の心を掴むものがたくさんありました。

次回からはこの辺のことを考察して行きたいと思っています。

早速ではありますが、ユニクロの本を読んでいます。

かなり勉強になります。

アートディレクターの佐藤さんによると、

ユニクロの原点は、「合理性を美しさに変えるシステム」だといっています。

しかも、日本固有の合理性と美と同調しています。

これは、モノを通してしっかりドイツ人にも伝わっています。

本当にすごいことだと思います。

モノの「本質」でしか、人は感動しない。
「本当にいい部分」しか、人には伝わらない。
そう言った「本質」は、余計なものを削ぎ落としていかない限り、
裸にしていかない限り、見えてこない。
突き詰めていけば、「良いもの」だけが持つ微妙な差がわかること、
「真善美」がわかること、それが「創造力」だと思う。
 
ー柳井 正
ユニクロ思考術より
 
ユニクロ思考術ユニクロ思考術

1,188円
Amazon
 
私の人生の本質は『「ドイツと日本」の温かい橋』であること。
仕事もプライベートもこれが全てです。
この本質をもとに仕事を広げています。
 
ここ数年、人を巻き込んで、助けてもらってしか仕事がまわらなくなってきて
お金と交換で手伝っていただく機会が増えてきました。
 
また、私の本質を伝えてくれるディレクターは必要みたいです。
ユニクロの柳井さんにもそういう存在がいるわけです。
「やりたいこと」と「できること」の差はどこにでもあります。
それをできる限り埋めて、突破口をくれる存在が必要なのです。
 
これまで孤軍奮闘してきたので、一人でどうにかしようという感覚が抜けなかったのですが
今は多くのビジネス・パートナーに手伝ってもらおうという気持ちでいます。
 
長い間、自分のことしか考えてきませんでした。
自分の橋を作ることで精一杯でした。
でも、これからは私だけじゃなく周りの人にも恩恵を!
豊かさと実りが与えられるようなおばさんになり
そしてかわいいドイツ⭐️おばあちゃんになりたいと思っていますw
 
 
 
おまけ

ユニクロ銀座店

のスペシャルフロアでは、彼はゲーム系のTシャツ

私は、お揃いのラブコニー笑 を。

遊び心満点の店舗

 
 

Advertisement
>YouTube

YouTube

ドイツの暮らし