仁川空港

トランジットにオススメ   仁川トランジットホテルの宿泊体験 仁川空港

今回のトランジットは仁川空港

今回は、ドイツー日本間のトランジットで、韓国・仁川国際空港にお世話になりました。

当初、ドイツから日本までに帰国の際に、韓国で遊ぼうと考え、

一日滞在できるように、日程を組みました。

しかし、私はドイツのICEの中ですでに疲れていて観光気分ではありませんでした。

仁川のトランジットホテルを予約

ということで急遽ドイツのICEの中から、仁川のトランジット・ホテルを予約しました。

仁川空港に着いてから、こんなに搭乗しやすい場所にあることを知りませんでした。

仁川トランジットホテルへ

少し、飛行機から降りてすぐ、うろうろしてしまいましたが、色々スムーズにことが運びました。

仁川のトランジットホテルは、トランスファーエリアにある?

出国手続きに並ばずに、そのまま荷物検査へ。

お荷物チェックした後のトランスファーエリアにありました。

3階は華やかなお店が並び、

その上には、巨大なリラクシングエリア!!

そしてそのエリアに目的のホテルがありました。

ネットもサクサクに動くし、たくさんの休憩場所があって

かなり良い場所だと思いました。

寝られるスペースもあるみたいです。

私が見た時は埋まってました。

寝れる形の椅子は埋まってたけど、

そんなに混んでる感じもしませんでした。

待ってれば空きそう。

シャワースペースもあるみたいです。

お腹が空いたらすぐ下に降りればいい。

いろいろ食べるところもあります。

私のホテルのプランは12時間コースなので、それまでちょっとぶらぶらして

コーヒー飲みながら、パソコンをいじりました。そういう作業スペースもたくさんあります。

ご飯をモリモリ食べて、ホテルへGO

中ももちろん快適。

普通に快適です。

搭乗ギリギリまでここでくつろぐつもりです。

これね、若い学生さんとかだったら、ホテルの予約もいらずに、

普通にリラクゼーションエリアに寝泊まりできるんじゃないですかね。

 他にも快適な選択肢がありそうです。

Advertisement
>YouTube

YouTube

ドイツの暮らし