ドイツで服のサイズ選び 【体験記】

簡易の服サイズ表

メンズ

国際基準日本アメリカドイツ
XSS3444
SM3646
ML3848
LLL4050
XL3L4252

レディース

国際基準日本アメリカドイツ
XXSXS0-232
XSS434
SM636
ML838
LXL1040

 簡易に、日本人が最も使いやすいサイズ表を作っておきました。ブランドやお店ごとに若干サイズが異なりますので、お店で試着しながら確認してくださいね。

服・靴の選び方

ドイツで困ったことがあるのは靴のサイズです。 

私の靴のサイズは23.5なので、ドイツでは最も小さいサイズになります。

※子供用の靴でピッタリな場合もあるので、子供靴を買ったこともあります。

もうちょっと大きめの方は問題ないかもしれません。靴のサイズは気をつけてください。

靴以外で困ったことはないので、最近はあまり洋服をもたずに、ドイツで買うようにしています。

靴はできるだけ持ってきたものを使うようにしていて、インターネットでスリッパだけ購入しました。

ジャケットを買いに

結局、9月下旬のドイツは思った以上に寒く、

しかし、自分が持ってきたコートではちょっと暑すぎるので、

近くのお店へ、薄手のジャケットを買いに行きました。

小さなサイズコーナー

ほとんどの日本人は、おそらく小さなサイズコーナーでフィットするので、店員さんにさっさと小さなサイズコーナーを教えてもらいましょう!

女性の小さなサイズは、36〜

そこのお店では、置いてある一番小さなサイズが36〜でした。日本の基準でMです。私は細くて肩幅が狭く、身長は160cmほど。日本では、SあるいはMですが、いつも大きめにしてMです。そんなわけでこれを試着してフィット。

薄手のジャケット

ノーブランドですが、肌触りも良く、本格的な冬が来るまでの期間、さっとパンを買いに行ったり、散歩するのにちょうど良いので、即買いしました。

このジャケットは、ずっと使ってます。


Advertisement
>YouTube

YouTube

ドイツの暮らし